3月になると、クラスでもママさん達から「来月から保育園です」という報告が出てきます。

娘は昨年の4月から保育園に入園したので、4月から2年目の保育園児に。
去年はまだ2,3歩しか歩いていなくて靴も持っていなかったのに、1年で3cmも足が大きくなりました。

年度が変わるのに伴い、持ち物も増えたり、1年ヘビーローテーションしたタオルやガーゼを一新したり、準備リニューアルをしています。

 

保育園って何を持っていくの?

どういうのものが必要なの?と聞かれますが、娘の通っている保育園の持ち物はこういった内容になります。
 

・お昼寝用のバスタオル2~3枚
・お食事用のエプロン2枚
・お食事用のタオル3枚(おやつもあるので)
・トイレやお外から帰ってきた時に使うタオル2枚
・着替え1セット(必ず1度は着替えてきます。その他2セットお預けしています)
・おむつ2,3枚
・(今年から)お昼寝用のパジャマと歯ブラシ
・(今年から)食事用のスプーンとフォーク
・(今年から)上履き1足

 

これが平均的な毎日のお荷物。
その他季節に応じて、プールのセット、これからお料理教室のセットが増えていきます。 
 
お友達ママのお話を聞くと、お昼寝用のシーツを準備する人も多いし、スモックを手縫いで準備する人もいるようですし、その辺りは保育園の特色が出てきます。
こうみると、荷物多いなあと思いがちですが、慣れてきたらそうでもないものばかり。

じゃあ、どんな事を気をつけたらいいでしょう。
好きだから、かわいいからということだけで物を選んでいいのかな?ということを考える必要が出てきます。

幼稚園、保育園に入るということは集団生活という社会への参加だからです。
 
 

どういう事を注意すべき??

保育園生活は、お願いする保育士さんへの負担を下げる事、子どもがその時に必要としているものを把握することから始まります。 
 
 

●すべての持ち物に名前を付けよう

これは当然といえば当然。どれが誰のものか、保育士さんが覚えるわけにはいきませんから、どんなに小さなものでも名前を入れておくことが必須です。結構子どもたちの持ち物って重なりやすかったりしますから。

●パジャマや着替えの服は着脱しやすいものにしよう

複数の子どもを保育士さんがお世話するのですから、着替えもしやすいように、脱ぎ着がしやすいものが良いかもしれません。子どもたちが自分で着替えられたり、着替えたがったりする年齢の場合は尚更です。大人にとっては気がつかなくても、ボタンやファスナーなど、子どもにとってはハードルが高いものはたくさんあります。

●子どもに危険のないものを選ぼう

公園遊びなどの際にフードのついた服だと引っ張られたりして危険なことも。デザイン的に良くても、集団生活にはむかないことがあるので要注意です。
保育園生活では、親の危機管理意識が全員のリスクを下げることに繋がります。

 
なんか、注意点が多いなーって思ったりしますけど、最初だけです。

赤ちゃんがあんよを始める前は、可愛らしく淡い色合いだったお洋服たちも、公園遊びや離乳食での大惨事に耐えられるようなものを選ぶようになったりしますよね?(笑)
 
それと同じように選択できるようになります。慣れたら簡単です。

大きなイベントにしないで、楽をして、楽をした先の事を考えてみよう

昨年は夫と二人がかりで、娘の保育園に持っていく衣類にひたすら名前を…ということを夜な夜なしたような記憶があります。

大きなものから靴下、紙おむつ一枚一枚に・・・など、毎日交換するものや消耗品にまで名前を入れなければならないのですから、なんとかラクにしたいわと・・・ここは楽ポイント、私は紙やプラスチック、金属、布、木などにしっかり捺す事が出来るシャチハタの名入れスタンプを使ってばんばん押していました。 (シャチハタ おなまえスタンプ

 
IMG_0661スタンプは、オーダー制の可愛らしいものも通信販売で扱っていますし、無印良品の子ども服は名前を書く場所があったり、名前をどうするか悩んでしまう靴下も裏返すとそのためのスペースがあったり、ひと工夫があります。

そういったところも見てもよいかもしれないですね。

 

この時代、良くも悪くも、全てワンクリックで済んでしまいます。

翌日には宅急便で手元に届いたり、時短だわーって思って私も安易にそこに頼って、じゃあ、その空いた時間で何をしているのかちょっと考えてみないと勿体ないと、ふと我に還る瞬間があります。

その時間で、より子どもや家族と濃密な時間をとっているのか。

はたまた、ちゃんと休息に充てているのか。

子育ての日々で「忙しい」をキーワードにして、大事な事を見失ってしまわないように、自分や家族としっかりと繋がっていたいなあと思うのです。